機能 TOP 10: ハイブリッドモデリング – パート2

それではハイブリッドモデリングの主な特徴の詳細な分析をさらに続けましょう。

 

前の記事で、ThinkDesign のハイブリッドモデリングの柔軟性とその利点、特に、ソリッドモデリングとサーフェスモデリング双方の機能をフルに組み合わせて利用することができる点に関して簡単に述べました。今回の記事では、その例をご紹介します。

例えば小型の家電製品では、スタイルがたいへん重要なのと同時に、機械的・機能的な特徴もとても重視され、製品にはこれらの要求の両立が求められます。このような要求に対しては、高度なサーフェスモデリング機能を使用することで、あらゆる幾何形状(スタイル)を自在に作成することができ、ソリッドモデリング機能を活用することで、素早く、簡単に、パラメトリックなモデル(機能部分)を作成することができます。

それでは図で示したハンディクリーナーの例をご覧ください。ここには同時にクリーナーのイメージ画像と、大きさや位置の基準とするいくつかの部品がすでに配置されています。製品主要部の曲面は、形状を形作る曲線と関連付けて作成することができます。はじめから関連付けを使用してサーフェスモデリングを行えば、作成された要素はその履歴を保つことができ、曲線とそれらに適用したコマンドを再定義することができます。

作成した曲面群は「ソリッド化」コマンドでオープンソリッド(スキン)に変換することができます。またスキン(ハイブリッドソリッド)は、集合演算や一般的なソリッドのフィーチャー等を使用して、通常のソリッドと同様に形状を修正することができます。

通常、閉じたソリッドの各面の法線は形状の「外側」を向いています。曲面群をソリッド(スキン)に変換した場合は、スキンを構成する隣接した各面の法線は同じ方向を向きます。そして法線の方向で形状の「内」と「外」(「中身のある側」と「外側」)を区別することができます。

そのため、スキンにスロットや穴のようなフィーチャーを適用した場合は、法線の方向を参照してその反対側(「中身のある側」と認識される方向、絵では暗く表示された側)の形状が削除されます。
スキンに対する共通部分の取り出し、面のトリム、フィレットの追加なども、閉じたソリッドと同様の方法で行うことができます。

スキンに厚みを追加すると再び閉じたソリッドになり、さらにフィーチャーを追加することができます。また、曲面の形状もいつでも再定義して修正することができます。

次の記事では、ハイブリッドモデリングを使ってインポートした形状を簡略化して品質を向上する方法を見ていきます。

それではまた!

 

Customer Care