THINKDESIGN の機能

ThinkDesign の主な機能のご紹介

ハイブリッドモデリング

ソリッドモデリングとサーフェスモデリングの双方の活用

ThinkDesign は、真のハイブリッドモデラーです。同一のモデリング環境で、ソリッドや曲線、曲面を同時に扱うことができます。ソリッドとサーフェスのすべての機能を利用しながら極めて柔軟にモデルを作成できるだけでなく、モデルの履歴や要素間の関連付けを維持したまま作業することができるため、それらを再定義することで関連するフィーチャーや形状をすべて連動して更新することができます。
ThinkDesign は、他のシステムからインポートした要素を扱う際に使用される「オープン」ソリッド(開いたソリッドや体積のないソリッド)に対してもハイブリッドモデリングを適用することができます。

グローバルシェイプモデリング

think3 のグローバルシェイプモデリング(通称 GSM)は、デザイナーや設計者に比類のない使い易さと非常に高度な技術革新を提供します。無限の創造性がありモデルを作り直すことなく、設計プロセスのどの段階でもあらゆる形状をインタラクティブに素早くかつ正確に作成、変形することのできる唯一の修正ツールです。GSM は、従来数時間から数日かかっていた変更を数分で行うことができるため、その機能は最も高く評価されています。

e-Learning エリアの「グローバルモデリング」セクションの関連する教材を確認してください

e-Learning

GSM の詳細については、ThinkDesign ヘルプを検索してください

TD Help

GSM を使用する利点は何でしょうか?見てみましょう!

Examples

ゾーンモデリングとゾーンドラフト

ゾーンモデリングはグローバルシェイプモデリング機能を拡張したコマンドで、アドバンス GSM コマンドのすべての機能を、ソリッドを構成する一部の面(ゾーン)に対して適用することができます。ゾーンモデリングはとても柔軟な機能で、設計者は製品を設計するどのタイミングでも、ソリッドの特定の領域の形状を変更することができます。また行った変更は、再定義しなくてもモデルの後続のフィーチャーに自動的に伝播します。

ゾーンドラフトでは、複雑なソリッドに対して勾配角度を追加することができます。また、曲線に対して角度を追加することもできます。このコマンドは、モデル作成後、設計者が複雑なモデルに対して勾配角度を追加する必要がある場合に大いに役立ちます。この変更を設計プロセスの最終段階で行う必要がある場合(また他のシステムからインポートした履歴のない静的ソリッド等)、ゾーンドラフトは高速かつ信頼の高いツールです。金型や部品の製造プロセスにおいて、たいへん役に立ちます。

e-Learning エリアの「高度なサーフェスモデリング」や「グローバルモデリング」セクションの関連する e-Training 教材を確認してください

e-Learning

ゾーンモデリングとゾーンドラフトの詳細については、ThinkDesign ヘルプを検索してください

TD Help

2次元/3次元の統合環境

ThinkDesign の2次元/3次元の完全な統合環境は、2次元から3次元への移行に高価なインターフェイスを必要としません。ThinkDesign では、2次元と3次元の環境は完全に統合されているため、図面とモデルの両環境でまったく同じ作図コマンドや寸法設定コマンドを使用することができ、作業をとても楽に行うことができます。過去の2次元図面をインポートして復元し、作図ツールで簡単に修正することができます。従来の資産を活用することで、従来の2次元システムからの移行をスムーズに行うことができます。2次元と3次元が混在した手法で設計をすすめることができ、経験豊富な2次元ユーザーは3次元への移行を非常に簡単に行うことができます。線、円、ポリライン、長方形、トリム、ストレッチ、移動等、ThinkDesign の多くのコマンドは、2次元/3次元双方の環境で使用できます。両環境で同じコマンドを使用できることは、ユーザーの多くの利点をもたらします。具体的には、学習時間の短縮と生産性を最大限まで引き上げることができます。

インタラクティブモデリング

面の移動、面の削除、面の置き換え、面のオフセット、面の延長/ソリッドを閉じる等のインタラクティブモデリングコマンドを使用すれば、履歴やパラメーターを持たないソリッドに対し、トポロジカルな変更を行うことができます。また、インタラクティブモデリングコマンドはパラメトリックなモデルに対しても、その履歴を再定義することなく、ソリッドを構成する面を直接選択して編集することができます。これらのソリッドモデリングとサーフェス機能により、ThinkDesign は、柔軟かつ使い易い設計環境を実現し、革新的な部品モデリング機能を提供します。

e-Learning エリアの「高度なソリッドモデリング」セクションの関連する教材を確認してください

e-Learning

インタラクティブモデリングの詳細については、ThinkDesign ヘルプを検索してください

TD Help

スマートオブジェクト

スマートオブジェクト機能を使用すれば、複数のオブジェクトを組み合わせて一つのフィーチャーとして取り扱うことができるほか、ルールを作成してライブラリに整理し、何度でもそのルールを適用、共有することができます。例えば、スマートオブジェクトは、既存の部品にコンポーネントの挿入やフィーチャの実行、必要なアセンブリの組み付けをすることができます。スマートオブジェクトのメリットは、技術部門の全ユーザーで持ち合わせている情報の標準化、エラーの低減、設計サイクルの迅速化などがあげられます。

e-Learning エリアの「高度なソリッドモデリング」セクションの関連する教材を確認してください

e-Learning

スマートオブジェクトの詳細については、ThinkDesign ヘルプを検索してください

TD Help

解析と品質チェック

ThinkDesign の解析と品質チェックコマンドは、モデルの評価や生産準備のために、等照線、勾配角度、曲率半径、また曲線、サーフェス、ソリッドにまつわる多くの特性を調べる機能を提供します。

板金

ThinkDesign の高度な柔軟性により、設計者は、板金部品を一から作成したり、既存の部品に対して簡単に板金形状を作成できます。他のシステムからインポートしたデータの既存の部品に対しても同様に行うことができます。フランジ、曲げ、ヘムなどの形状定義や、曲げ許容差、角の逃がし方などの詳細なパラメータ設定など、板金に特化した設計を直感的なユーザーインターフェースで効率化します。展開図にすれば加工のための情報も作成でき、3次元設計のメリットを最大限に生かすことができます。板金ウィザードを使用すると、必要な形状を得るための折り曲げや切り欠きのようなルールを簡単に定義することができます。また、切り欠いた部分に従い、自動的に必要な部品を生成することができます。生成された各部品には適切な厚みが設定され、角には必要な折り曲げが設定されます。

e-Learning エリアの「板金」セクションの関連する教材を確認してください

e-Learning

板金機能の詳細については、ThinkDesign ヘルプを検索してください

TD Help

すべての機能についてもっと知りたいですか?

ThinkDesign をお試しください!

Customer Care